2020年2月24日月曜日

深紅のバラ 「ブリランテの花束」







丸ビル内のレストランへお祝い用の花束をお届けいたしました。深紅のバラでまとめた花束です。

深紅のバラの品種名は「ブリランテ」です。今回は東京都の「宮本園芸」さんのバラを使用しました。同じ大輪系のブリランテの中でもお花が大きく花持ちも良いので、個人的に気に入っているバラです。

こちらは今朝仕入れたバラなのですが、赤バラで良質なものが入荷しているかどうか昨日から心配していました。結果的に予備も含めて希望していた同産地のもので60本確保することが出来ました。良かったです!

店内で一週間飾っているバラを写真に撮ってみましたが、現在も綺麗に咲いてくれています。なんていうか赤色が際立っています。良いバラです。

花束をレストランへお届けしたのは夕方になってからです。以前八重洲に勤務していた頃は、丸ビルへのお花の配達が頻繁があったのですが、今は新宿なので丸ビルを訪れる機会は大分減りました..今回は久しぶりです。

今日は祭日なので道路は空いていて、大手町から丸の内にかけてのオフィス街も静かでした。連休最終日の今日は仕事も落ち着いていて穏やかに過ごせました。



2020年2月23日日曜日

京王プラザホテル 生花コサージュの納品






昨日西新宿2丁目の「京王プラザホテル」(南館)へ、パーティー用のコサージュをお届けいたしました。全部で35個です。

コサージュは優しいピンク色のバラをメインにしたシンプルなものです。コサージュに使用しているお花は、バラP(ホノルル)、シンビジュームW(イージーブリージー)、ヒペリカムP(ココカジノ)、マルバルスカスです。コサージュ合わせたリボンは、青山リボン(シェアーサテンP10mm)です。

昨日は春一番が吹いていたため納品に不安がありましたが、運良くホテル内の搬入用の駐車スペースに駐車することができました。強風時の納品には細心の注意が必要です。

今回は数日前の間際のご注文でしたので、コサージュピンはホルダー式のものではなく、一番シンプルなものをご用意しました。ホルダー式の方が取り付けが簡単なのですが..

3月に入ると謝恩会や卒業パーティ等が増えて、コサージュのご注文が増えてきます。生花のコサージュは制作に時間がかかりますので、ある程度期間に余裕のあるご注文だけ受付けています。

またご予算によっては、プリザーブドフラワーやアートフラワーを使用したコサージュの制作も可能です。実際、最近ではこちらの方が増えて来ている気がします。

明日は3連休の最終日ですが、月曜日なのでいつも通り切花の仕入れがあります。ある程度お祝いギフトのご注文を受けていますので、お花の入荷量が気になるところです。

希望するお花が入荷していると良いのですが、入荷量によってはなかなか希望通りにいかない場合もあります。この辺りがいつも神経を使うところです。

2020年2月22日土曜日

「 FEWMANY新宿 」個展祝い




 昨日、新宿マルイアネックス内の「FEWMANY新宿」さんへ、個展祝い用のアレンジメントをお届けいたしました。

イラストレーター大前壽生さんの個展(2020年2月21日~)のお祝いです。個展の開催おめでとうございます!

アレンジは赤と白をメインにしたお祝いらしい色合いでまとめてみました。アレンジに使用しているお花は、バラR(ブリランテ)、ミニガーベラ八重咲複色(レンブラント)、シンビジューム小輪W(イージーブリージー)、オリエンタルユリR(バンクーバー)、アンスリューム複色(スパイス)、モンステラ、パープルコンパクタ等です。

中心に配置している赤いバラ「ブリランテ」は、赤バラの中でも特に気に入っている品種です。今回は都内の生産者さんのもので、70~80㎝サイズを使用しています。ロングサイズなので花も大きくて綺麗です。

アレンジはお花の種類・色毎にグルーピングしていますので、個性的な雰囲気に仕上がっています。オリエンタルユリが咲いてくると更に華やかさが増してくると思います。

新宿マルイアネックスには時々映画を観たりメガネを購入しに訪れますが、3階のFEWMANYさんを訪れたのは今回が初めてでした。

大前壽生さんの個展は3月4日(水)までの開催です。


2020年2月20日木曜日

ウチワサボテン「バニーカクタス」他




鶯色の4号陶器鉢を3個仕入れたので、サボテンの植え替えをしました。植え替えの用土は赤玉土と多肉植物用の土のです。

手前のウチワサボテン「バニーカクタス」は今週仕入れたもので、残りの2つは以前から店内で飾っていたものです。

バニーカクタスは細かく白い棘が特徴的ですが、指や手で軽く触れただけでも、棘が大量に抜けて刺さってきます。一見優し気な短い棘なのですが...

一方残りの2個のサボテンは、棘が長く鋭いのですが、軽く触れただけでは棘は抜けません。ただ無意識にぶつかったりした時は、かなり痛い思いをするでしょう。

植え替えをしてみたらサイズ感と雰囲気がピッタリで、見栄えも良くなりました。サボテンや多肉植物が好きなので、自宅の出窓でも3鉢ほど育てています。

出窓から場所を移動しないで2年以上育てているのですが、成長したのは1㎝くらいでしょうか。一日の日照時間は午前中に1~2時間で水やりは数ヶ月に1回のペースですが、全く枯れる気配も無く元気です。

サボテンを水耕栽培で育てている方もいますので、乾燥した場所に限らず環境への適応力が優れているのだと思います。

小さな鉢植えなので、少量の固形肥料と根腐れ防止剤を土の中に仕込んでいます。ほとんど気を遣うことも無く管理も楽な植物です。

2020年2月19日水曜日

喜寿祝いフラワーギフト




プリザーブドフラワーで制作しました、女性向けのお誕生日祝い用のフラワーギフトです。足立区江北方面へ配送手配いたしました。お誕生日おめでとうございます!

今回は喜寿のお祝いということで、紫色を合わせたアレンジメントにまとめました。喜寿祝いのテーマカラーは紫色で、古希祝いの際のテーマカラーと同色です。上品な色合いですね。

昔時では、紫色は身分の高い人しか見に付けられない高貴な色とされていて、長寿の人に適した色でした。

アレンジに使用しているプリザーブドフラワーは、紫系のバラ(3種類)、デンファレ(ホワイト)、センニチコウ(ホワイト)、紫・ピンク系ハイドランジア(2種類)、グリーン等です。紫色に淡いピンクや白も合わせて、落ち着いていながらも明るい印象になるように仕上げました。

リボンは①シルバー(トップメタル 18mm)、②バイオレッド(S.U.アラビアン38mm)、③ベージュ(コルダサテンフリル25mm)の3種類です。花器はポリ製で、シルバー(プラべメタリックオーバルS)です。

プリザーブドフラワーにポリ製花器を合わせたこともあってとても軽く、サイズは20㎝ほどのコンパクトサイズです。テーブルや棚の上に置いても邪魔にならないサイズ感だと思います。

昨日から花粉症が酷くなってしまいましたが、午前中に薬を飲んだおかげで集中力を切らさずに一日仕事をすることが出来ました。全然違います..

しばらくは洗濯物や布団を屋外で干すことも躊躇されますが、部屋干しは好きではありません。取り入れる際に花粉を十分に取り除く必要があります。春は嫌いではありませんが、私には面倒な季節です。


2020年2月18日火曜日

お祝い胡蝶蘭「シルクロード」




午前中に日本橋茅場町方面へお届けしました、オフィスの移転お祝い用の胡蝶蘭です。栃木県の産地のもので、品種名は「シルクロード」です。新オフィスへのご移転おめでとうございます!

5本立ちタイプの胡蝶蘭で、それぞれの先端には蕾が2~3個控えています。昨日市場で仕入れました。これから永く楽しめそうです。

お届け先は永代通り沿いにある素敵なビルでした。茅場町や八丁堀、人形町にも近い良い場所です。

今日は火曜定休日なので配達後に日本橋界隈を散策する予定でしたが、花粉症の症状がひどくなり始めてそれどころではなくなりました。昨日まで大丈夫だったのですが..またこの時期がやってきてしまいました。明日からしばらくは薬に頼ることになりそうです。

最近日本橋方面への配達が続いています。以前八重洲に勤務していたこともあって、何だか嬉しいです。


2020年2月17日月曜日

道具のメンテナンスなど






先週は花束の制作依頼の多い週でした。お祝いアレンジメントやスタンド花等のご注文も受けていたので、2月にしては慌ただしく過ごしました。

今週は今のところ予約も少なく落ち着いて過ごせそうです。新型ウイルスなど騒がれていますので、人が集まる場所には行く気にはなりませんが...

今朝の市場は珍しくお花の荷が多く、価格も大分下がったように思います。仕事が落ち着いているにもかかわらず、余分なものを多めに仕入れてしまいました。

市場でも綺麗にディスプレイされていましたが、スイトピー・ストック・フリージア等の春の花を多めに仕入れました。春の花は香りの良い花が多いので癒されます。

3月からの繁忙期に備えて、今週中に道具(主に刃物)のメンテナンスをしてしまおうと思っています。忙しい時には中々出来ないので。

剪定鋏やナイフの錆と脂取り、それから砥ぎを念入りにやるつもりです。定期的に簡易メンテはしていますが、念入りにやるのは年一位でしょうか。切れ味の悪い刃物を使っていると作業効率が下がって気が滅入ります。

松やユーカリなどの油分の多い植物やセロテープ等の扱い後は特に厄介で、油断すると直ぐに切れ味が鈍ります。

今日は年代物のヘンケルスの鋏を1丁、時間をかけて仕上げました。ラッピングペーパーやリボン等の切断面が怖ろしいほどに綺麗です。





2020年2月16日日曜日

観葉植物「ドラセナ・ジェレ」



お見舞い用の観葉植物として、観葉植物の「ドラセナ・ジェレ」を札幌市方面へ配送手配いたしました。

幸福の木として知られている「ドラセナ・マッサンゲアーナ」と近い品種ですが、葉にはクッキリとした黄色いラインが入っていて艶もあります。

またマッサンゲアーナよりも葉の厚みがあって、比較的耐寒性にも優れた観葉植物です。環境に適応してくると、白い花も咲いてきます。

花を咲かせるには植物自身のエネルギーを使用しますので、葉が黄色くなってしまうこともあります。気になる方は、花芽が出てきた時点で摘んでしまった方が良いかもしれません。

こちらのドラセナ・ジェレは植え替えもしてあります。水はけのよい観葉植物用の土と、赤玉を合わせて一回り大きめな鉢に交換しました。

今日はあいにくの雨ですが、昨日は日本橋へのスタンド花の回収ついでに、深川の富岡八幡宮を訪れました。

お参りと蚤の市が目的でしたが、今回の蚤の市は出店数が少なく見るものがありませんでした。久しぶりに訪れたので街をぶらぶらして、雰囲気だけは楽しめましたが..



2020年2月15日土曜日

バレンタインデー お誕生日ギフト








女性向けのお誕生日祝い用の生花アレンジメントです。ラウンド型で雰囲気の違うものを2つ制作しました。2つとも同じ女性へのフラワーギフトです。お誕生日おめでとうございます!

一つ目のアレンジは赤を基調として、淡いオレンジ/ピンク~明るいオレンジの色合いで落ち着いた雰囲気にまとめてみました。

アレンジに使用しているお花は、バラ(レッドストーム)、バラ(オールドローズ/淡いオレンジ~ピンク系)、バラ(コンフィデンシャル)、バラ(結)、ラナンキュラス(レッド)、ポンポンガーベラ(レッド)、リキュウソウ、コンパクタパープル等です。

メインに使用したバラの「レッドストーム」は、花弁の表情が素敵です。1本ずつ模様が違っていて、白っぽいものから赤が強いものまであります。他に香りの良いオールドローズも合わせていますので、全体的には落ち着いた雰囲気で明るく仕上がっています。

二つ目のアレンジは淡いピンク~淡いオレンジの色合いで、バラをメインに可愛らしい雰囲気にまとめてみました。

アレンジに使用しているお花は、バラ(ひより)、バラ(結)、バラ(しらべ)、バラ(
オリンパス)、ラナンキュラス(ピンク)、アルストロメリア(エナジー)、リキュウソウ等です。

こちらは、滋賀県のローズファームケイジさんの和バラをメインに仕上げています。花は小ぶりですが何れも香りが良く、繊細で野に咲く花のような雰囲気を持ち合わせています。

昨日はバレンタインデーということもあって、朝の仕入れから夜の会場スタンド花の撤去まで、ギフトの制作を含めていろいろとやることが多い一日でした。お店に戻って来たのは23時頃でしょうか。

自宅に戻ってからお客様からの、手作りのバレンタインデースイーツをいただきました。いつもありがとうございます!



2020年2月13日木曜日

国際フォーラム お祝いスタンド花




本日午前中、千代田区丸の内3丁目の「国際フォーラム ホールA」へ、お祝い用のスタンド花をお届けいたしました。ライブの開催おめでとうございます!

黒いバラをメインに使用している、ブラック・レッド・ゴールドの色合いでまとめたお祝いスタンド花です。一部、翼とネームプレートの色はホワイトになります。翼については、ご依頼主にご用意していただきました。ご用意ありがとうございました。

スタンド花全体の色のバランスは、レッドをやや目立たせるようにして、ブラック・ゴールドを合わせるようにしました。

ブログに上げた写真の祝札とネームプレートは、同色で塗りつぶして名前を隠しています。

スタンド花に使用しているお花は、バラ(黒染・エクスプローラー)、バラR(ウォンテッド)、アンスリュームR(カリスト)、ダリアR(ジェシーリタ)、シンビジューム(ルージュマジック)、スナップR(フェアマゼンダ)、ヘリコニア(ローズピンク)、ヘリコニア(黒染)、ニューサイレッド、モンステラ、ハラン、三又(シャンパンゴールド)です。

オーナメントとして、リボン(オペラ/ゴールド柄)、ハンギングファン(ゴールド)、オーガンジーロール(ブラック柄)等を使用しています。

今回はお花を設置するスタンド台を、お花の重さと安全面を考えて、強度のある角柱タイプのアイアンスタンドを合わせることにしました。

角柱アイアンスタンドは中型サイズと大型サイズがありますが、会場のスタッフの希望もあって、周りのスタンド台に合せた中型サイズを選択しました。

最近では、ライブ会場によってかなり厳しいサイズ制限が設定されているところもあるので、気を付けなければなりません..

依頼主にご用意していただいた「大きめな白い翼」を、初めてスタンド花に合わせてみたのですが、配置場所と設置方法にはかなり悩まされました。結果的には最適な場所に配置出来たと思います。

スタンド花の全体的なカラーとして上部が少し重くなるかもしれませんが、黒い翼を合わせても良い雰囲気にまとまると思います。

ライブは明日までの開催なので、明日の夜にスタンド台の回収に行くことになっています。「ホールA」は納品と回収が比較的しやすい会場でしたので、助かりました。

2020年2月12日水曜日

チューリップ「リンファンダマーク」


2月も中旬になり、チューリップも最盛期を迎えています。今回は新潟県産のチューリップ「リンファンダマーク」を50本ほど仕入れてみました。

オフィスの受付花にも合わせてみました。メイン花材のチューリップ(リンファンダマーク)と、ミディ胡蝶蘭、アンスリューム(カリスト)、モンステラの組み合わせです。

チューリップは切花の状態でも茎が伸びてくるので、花瓶に活けたものは数日で数センチは高くなっているはずです。お花も大きく膨らんでくるので変化が楽しめます。

市場内のディスプレイも今回はチューリップメインでした。様々な品種のチューリップが飾らていて華やかです。