2019年12月14日土曜日

オリエンタルユリ「プレミアムブロンド」



静岡県伊東市方面へ配送手配しましたお供え用の生花アレンジメントです。白とグリーンで見栄え良くまとめました。

アレンジに使用しているお花は、オリエンタルユリ(プレミアムブロンド)、ダリア(カマクラ)、バラ(アバランシェ)、デンファレ(ホワイト)、ハラン、ドラセナ(サンデリアーナビクトリー)、アイビー(パーサリー)、青ドラ等です。

オリエンタルユリやダリアなど大きめなお花をメインにしていますが、アレンジメント全体の大きさとしてはコンパクトです。

白いオリエンタルユリの「プレミアムブロンド」は上向きに咲く性質があり、色も純白で美しいので、花束等にも積極的に使用しています。とても使いやすいユリです。

白いユリで良く仕入れている品種としては、カサブランカ、プレミアムブロンド、シベリアの順です。中でも個人的に一番扱いやすく気に入っているのがプレミアムブロンドです。

今回はグリーンも通常より多めに使用しているので、寂しい感じがなく賑やかに仕上がっています。

今日は思いのほか追加分の花束のご注文が多く入って、予備に仕入れたお花もほぼ使いきってしまいました。一年を通してもここまでお花を使いきることはあまりありません。想定通りの仕事内容になりました。

2019年12月13日金曜日

花束の制作と仕入れ






ピンク系お花をメインにした花束を制作しました。用途は送別用、お誕生日祝い、お祝いなどいろいろです。

5つの花束に共通した花材は、大輪バラと大輪ガーベラです。他にオリエンタルユリ、アンスリューム、アルストロメリア、蘭、グリーンなどを合わせてまとめています。

忙しい時にたくさん制作しなければならない時などは、パターン化した花材の組み合わせに沿って制作することにしています。

蓄積された何通りもの組み合わせがあって、仕入れも事前に組み合わせを考えて無駄が出ないように工夫しています。

ラッピングもいろいろな形で出来るのですが、繁忙期は制作時間の短縮のために色の組み合わせだけをイメージに合わせて変えて、出来るだけ同じ形で仕上げています。考えていては予定の時間内に終わりません。

「花束一つに付き何分以内に制作」10個作ったら昼食..みたいな感じです。時間オーバーした時は、昼食を削ることになります。

市場で競りをしている時なども、ご注文リストと次々を出てくる花材を目で探りながら頭の中で何通りもの花束やアレンジメントをイメージして、イメージに合うベストなものを競り落とすようにしています。もちろん仕入予算内に収まるのが第一条件です。

私の場合、全てのフラワーギフトをオーダーメイドにしているので、仕入れ完了時にはほぼ制作イメージは出来上がっています。後はイメージ通りにもくもくと制作するだけです。

イメージしている形に時間内で仕上げるのが実際は大変なのですが...

2019年12月12日木曜日

シクラメン「Pipoca(ピポカ)」





お歳暮ギフト用のシクラメンです。今年初めて扱う品種で、品種名は「ピポカ」です。ピポカとはフランス語で‘ポップコーン’の意味です。国際的に知名度の高いフランスのモレル・ディフュージョン社の育種で生まれた品種です。

ガーデンシクラメン(ミニシクラメン)に分類される品種で、小さな苗は出回っていますすが、大きなものは珍しいようです。市場には3ケース(9鉢)あったので、全て確保しました。完売です。

お花はフリルが付いたフリンジ咲きタイプです。確かにポップコーンが弾けたような形をしていますね。今回仕入れたものはピンク系の濃淡で3種類ありました。

今年は私の仕入れのタイミングが良いようで、今のところイメージしていたものを順調に仕入れる事が出来ています。

お歳暮期間と合せて、おそらく来週辺りからシクラメンの数が減ってくるはずなので、3回目の仕入れは来週末に合わせて、メインギフトの仕入れは終了する予定です。

年末年始用のギフト分については、良いのを見かけた時に少量づつ確保する予定です。実家の分も確保したいので、ギリギリまで仕入れるつもりです。

2019年12月11日水曜日

ポインセチア「クリスマスオーロラ」




横浜市南区方面へ本日着で配送手配しました、お歳暮用のポインセチアの鉢植えです。埼玉県産のポインセチアで、品種名は「クリスマスオーロラ」です。

深紅の大きめな葉(苞葉 ほうよう)が特徴で、幹もしっかりとしています。苞葉に囲まれている中心部(黄色っぽい部分)がお花になります。

赤い苞葉に囲まれた小さなお花の部分には、1個の雌花と多数の雄花と蜜線がまとまっています。小さな目立たないお花ですが咲いてくると可愛らしいです。

ポインセチアは中央アメリカ原産の宿根草(常緑性低木)で、トウダイグサ科トウダイグサ属に分類されています。和名は「猩々木 (ショウジョウボク)」です。

日本ではポインセチアは晩秋~クリスマス時期の冬季に出荷されていますが、実際は熱帯産の植物なので基本的に寒さが苦手な植物です。

原産地の中央アメリカ(メキシコ)に限らず、フィリピンやタイ、南太平洋等の他の熱帯地域でもポインセチアの原種は分布していて、何度か見かけたこともあります。

膝丈ぐらいの目立たないものから数メートルの低木に育っているものもありましたので、品種も豊富にあるようです。

何れにしても自然に育っているポインセチアは、鉢植えのようにコンパクトに綺麗にまとまってはいないですし、パッと見た感じではポインセチアだと気が付く人の方が少ないかもしれません。私は自然に生えているポインセチアの方が好きなのですが..

今日は昼近くまでゆっくりと寝ていたせいか、午後からの作業量が予想以上になってしまいまいした。このあと少しだけ残業する予定なので、善太郎食堂さんで夜食をいただいてきました。「ニラ玉と鶏から定食」です。鶏からはニンニクが効いているので、力が出てきます。


2019年12月10日火曜日

シクラメン「聖夜のあかり」




北栃木産の赤いシクラメンの仕入れました。品種名は「聖夜のあかり」です。8号鉢サイズなので、今年仕入れたシクラメンの中では一番大きなものです。

花弁の縁に特徴があって、細かいフリルが入っています。「フリンジ咲き」というものです。日本ではシクラメンは主に冬に出荷されていますが、もともとは地中海原産の植物で、サクラソウ科シクラメン属に分類される球根植物です。

今日は火曜定休日でしたが、午前中から夕方にかけてお歳暮用のシクラメンの配送作業や花束の配達等をしていました。

12月については、毎年全く休みがとれないパターンが多いのですが、今日は夕方から息抜きも兼ねて、こちらのシクラメンを埼玉県草加市方面の友人宅へお届けしてきました。

夕方から配達に出たので、草加市に到着したのは17時半頃になりました。シクラメンのお届け後は、友人と近くのお店で食事会を楽しんできました。時期的には忘年会のようなものでしょうか。車で行ったのでお酒は飲めませんでしたが..

やはりいくら忙しくしていても、時々息抜きをしないとダメですね。おかげさまで今日は美味しいものをいただき良く話しもして、リフレッシュできました。

2019年12月9日月曜日

七色の花 バラ「レインボー」





エクアドル産のバラ「レインボー」です。もちろん自然のものではなく、染めてあるものです。ご注文を受けた時だけですが、時々仕入れています。今回仕入れたのは70㎝のものを20本です。

同じく染めてあるタイプの「黒バラ」や「青バラ」の方が、葉織としては仕入れの頻度が高いかもしれません。

レインボーは外国産のものだけではなく、国産のものもあります。今回は濃い色のタイプを仕入れましたが、淡い色合いのレインボーもあります。どちらもインパクトが強いので、好みが分かれるお花です。

染めてあるお花なので、ドライフラワーには向いています。色が抜けずに残るので、比較的仕上がりも綺麗です。

最近ではお花用の染料も市場で販売されていて、青色などの単色なら、ご自分で色付け加工をするお花屋さんも増えているようです。

そういえば私が子供の頃、女の子が七色の花を探す旅を続けていくアニメがあったのを思い出しました。七色の花に出会えたのでしょうか..

2019年12月8日日曜日

ポインセチア「プレミアムレッド」




クリスマスディスプレイ用のポインセチアの鉢植えです。品種名は「プレミアムレッド」で、産地は新潟県です。

新宿方面のカーディーラーさんへお届けいたしました。店舗が広く天井も高いので、60㎝程度の見栄えのするものでご用意しました。

「プレミアムレッド」は赤と緑の葉がバランスの良い品種で、葉の大きさも小さめで可愛らしいです。

ラッピングは高級車のイメージに合わせて黒ラメやシルバー等も考えましたが、ありきたりですが、今回はクリスマスらしく赤のペーパーとグリーンのリボンで合わせてみました。設置してみたら良い感じでした。

明朝は切花の仕入があります。クリスマスが近くなっていますので、赤バラをはじめ、赤系のお花は全て高値になるでしょう。赤色は出来るだけ避けて、見栄えのするお花を選んで仕入れる予定です。

明夜は2回目のシクラメンの鉢植えの仕入れを予定しています。ご用途はお歳暮とご自宅用です。火曜日~木曜日にかけて配送・配達作業がまとまりそうです。

12月9日~14日、16日~21日辺りが市場でのシクラメンの数がピークになるような気がします。お歳暮期間が過ぎると一気に鉢数が減ってしまいます。12月後半の仕入は、イメージしたものがあまり揃わずいつも苦労します。仕入れのタイミングが大事なのです。

2019年12月6日金曜日

ピンク系の大輪バラを使用して..





今日はお誕生日祝い用の花束他、お祝い用の花束をいくつか制作しました。何れも大輪のバラ「ピンクフロイド」を合わせたピンク色メインのコンパクトな花束です。

ピンクのバラとグリーンのみで制作した花束は、女性向けのお誕生日用ギフトです。お誕生日おめでとうございます!

花束に使用しているお花は、大輪バラ(ピンクフロイド)、オリエンタルユリ(ジュテーム)、オリエンタルユリ(フェニス)、ガーベラ(ローレン)、ガーベラ(トレーシー)、アンスリューム(ピスターチ)、オンシジューム(ハニーエンジェル)、アルストロメリア(ベルーガ)、モンステラ、ドラセナ・サンデリアーナ等です。

花束に合わせるリボンはクリスマスカラーを意識して、ゴールドや赤系のものを積極的に使用しています。

明日はお祝い用の花束他、クリスマスディスプレイ用のポインセチアの納品があります。ポインセチアは全部で5鉢ですが、今日中にクリスマス仕様のラッピングで仕上げる予定です。

先ほど善太郎食堂さんで早めの夕食をとったので、これから残業になります。そうは言っても、12月にしては今年はやはり落ち着いています。


2019年12月5日木曜日

お歳暮用生花アレンジメント





昨日から今日にかけて、配達・配送手配しましたお歳暮用の生花アレンジメントです。毎年、年末近くにお届けしていましたが、今年はご依頼主の希望でお歳暮期間中にお届けいたしました。

アレンジに使用しているお花は、シンビジュームG(フレッシュ)、バンダV(ディープスポット)、オンシジュームY(ハニーエンジェル)、オリエンタルユリP(フェニス)、バラR(ロードス)、バラ複色P(ジュミリア)、トルコギキョウP(パレオクリアピンク)、スイトピーW(ホワイト)、アンスリュームP(ローザ)、大輪ガーベラOR(アントラ―ジュ)、八重咲ガーベラP(トレーシー)、スナップP(レジェピンクソーダ)、ユーカリ、ドラセナ等です。

昨年はお正月用のイメージで、クリスマス明けにお届けしましたが、今回は色合いと雰囲気を変えて華やかに仕上げました。

お歳暮用のギフトやクリスマスギフトのご注文をこなしていると、気分的には「師走」という感じがします。ただ日中はとても温かいので、あと数週間でお正月に入ると思うと、何だか違和感を感じます。

明日朝はご注文を頂いている分のクリスマスギフト用鉢植えと、切花の仕入れに行く予定です。イメージしているものが確保できると良いのですが..


2019年12月4日水曜日

お歳暮用シクラメンの配送作業





ここ数日はお歳暮用のシクラメンの配送・配達作業をしていました。昨日火曜定休日に集中して作業ができたので、1回目のお歳暮用シクラメンお届けはほぼ終わりました。

来週は2回目のお歳暮用シクラメンの配送・配達作業を予定しています。おそらく市場でのシクラメンの鉢植えの量は、来週がピークだと思います。

3週目にも3回目のシクラメンの仕入れの予定をしていますが、この時のシクラメンは年末年始用になります。毎年の事ですが、12月後半は市場での鉢数もだいぶ減ってしまいますので、品種などあまり選択の余地はなさそうです..

今日はお歳暮用シクラメンの配送作業をしながら、通常のアレンジメントや花束の制作・定期納品作業もこなしていたので結構大変でした..まあ10月~11月が心配になるほど落ち着いていたので、12月は忙しくならないと困るのですが。

12月は前半にどれだけ仕事を頑張れるかで、後半の調子も変わってきます。3週目辺りからは、クリスマスというよりもお正月ギフトに照準を合わせていく予定です。

今年は台風や天候不順等で、市場でのお正月用のお花の数が大分減りそうです。ご注文はお早めに。



2019年12月2日月曜日

お歳暮兼お供え用の花束



お歳暮兼お供え用の花束です。近所にお住いの方にお届けいたしました。お供えも兼ねているとのことで、白いお花をメインに淡いピンクのお花を合わせました。

花束に使用しているお花は、オリエンタルユリ(ザンベシ)、トルコギキョウ(パレオクリアピンク)、スプレーマム(マティスホワイト)、スナップ(レジェピンクソーダ)、アンスリューム(ピスターチ)、アンスリューム(ローザ)です。

白いオリエンタルユリ「ザンベシ」を2本入れています。まだ蕾の状態ですが、咲き始めると見栄えが増してきます。花束に使用している花材は全部今朝仕入れたものなので、花持ちも期待できそうです。

今日は別件でもお供え用の花束が2件ほど入りました。何れも白をメインにピンクを合わせてまとめました。

朝から降っていた雨がようやく止んできました。夜食を取った後に、予定通りシクラメンの仕入に行く予定です。視界の悪い夜の雨の中を運転したくなかったので、止んでくれて良かったです。

2019年12月1日日曜日

ドライフラワーを作って



居酒屋のママに頼まれて、現在いくつかドライフラワーを作っています。主に余った花材や仕入値の安い花材をドライにしています。

普段は生花をドライにするときの過程で放たれる独特な匂いが苦手で、あまりドライフラワーを作ることは無いのですが..完全に乾燥してしまえば、さほど匂いは気になりません。状況にもよりますが、ご依頼があった時だけ対応しています。

オイルをたっぷりと含んだマルバユーカリなどは、もともと好きな香りがするので、好んでドライにしています。

サンキライ(サルトリイバラ)の実や松ぼっくり等は、ドライにして簡単なリースを作ったりもします。数年は綺麗な状態で飾っておくことが出来ます。

明日の朝は切花の仕入れがあります。ご注文分のギフト花材を、洋花を中心に多めに仕入れる予定です。

明日の夜には、1回目のお歳暮用のシクラメンの仕入れに行く予定です。今年の12月はお歳暮用のシクラメンの仕入れで、中旬までに3回ほど夜の仕入れに行くことになりそうです。

12月中旬以降のシクラメンのご注文については、お歳暮が終わってしまい、市場でのシクラメンの鉢数が極端に減ってしまいますので応相談になります。

増税などの影響で10月~11月の仕事が想定外に落ち着いてしまっていましたが、12上旬については例年通りの年末らしい仕事内容なので、少しほっとしています。

明日は早朝と深夜に2回も仕入れに行かなければならないので、一日がとても長く感じることでしょう。