2017年11月24日金曜日

「シクラメンギフト」のシーズン



今年もシクラメンのシーズンが始まりました。本格的にお歳暮などのギフト配送が始まるのは12月に入ってからですが、少しづつギフトのご注文が集まっています。

上はギフト用のシクラメン5号鉢・鉢カバー付(ピアス)です。下はご自宅用のガーデンシクラメン(MIX)です。

午後からはシクラメンの入荷状況と新品種を探りに市場へ行ってきました。例年通りに入荷数のピークは12月上旬から中旬になりそうです。クリスマス用のポインセチア等もかなり入荷していました。

ところで葉織も11月で7周年を迎えました。いよいよ8年目です。始めの2年ほどは店頭販売をメインにしていましたが、気が付くと‘予約注文の専門店’のような形態になっていました。

お店を始めた当時から切望していたことですが、思ったよりも早めに理想に近い営業形態の花屋に移行することが出来ました。これからは10周年を目標に頑張りますが、また数年以内に新しいことも始める予定です。

2017年11月23日木曜日

結婚記念日生花ギフト




結婚記念日のお祝い用のギフトです。バラをメインにしてアレンジしました。おめでとうございます!

アレンジメントに使用したお花は、バラ(スージーQ)、バラ(ジェリスカ)、バラ(ベルローズ)、ラナンキュラス(ロゼール)、スイトピー(グロリア)です。

ギフト受取人の女性がバラとラナンキュラスが好きな方で、とても喜んでいただけました。くすんだピンク色のバラ(スージーQ)は輸入の大輪バラですが、微妙な色などが気に入っていただけた様子です。

今日は夕方まで忙しく昼休みが取れなかったので、16時過ぎから早めの夕食をとりに高田馬場方面まで出かけていました。車に乗る用事も無かったので、行きつけのお店で生ビールを傍らにゆっくり過ごしました。

明日から数日は仕事が落ち着いているので、溜まっていた事務仕事や鉢植えの植え替えなども出来そうです。

2017年11月22日水曜日

ヘリコニア・ファイヤーバード






「ヘリコニア・ファイヤーバード」です。ヘリコニアの仲間は熱帯地域に100種類以上が分布しています。お祝い用アレンジメントの制作のために仕入れました。今回入荷したものは120㎝ほどの長さがあります。沖縄から来たものです。

赤く色づいた部分は「苞(ほう)」と呼ばれていて、実際の花は苞の内部に包まれています。ヘリコニアの苞の形は様々ですが、色は熱帯の花らしい原色系のものが多いです。

ヘリコニアはオウムバナ科オウムバナ属の多年草で、原産地は熱帯アメリカや南太平洋諸島です。主に密を吸いに来たハチドリなどのに小鳥によって花粉が運ばれて受粉します「鳥媒花(ちょうばいか)」。花の香りは少なく花蜜は多めに分泌します。

1本でも大きくてインパクトのある花材なので、大型のアレンジメントや活け込みなどに使用するのに向いています。




2017年11月21日火曜日

「京成バラ園」の秋



本日は定休日。休める予定は無かったのですが思いがけず時間が出来たので、久しぶりに千葉県八千代市にある「京成バラ園」に行ってきました。今の時期は入園料(ローズガーデン)の割引もあって、春の時期ほど込み合っていないのでおすすめです。今日は平日で特に空いていました。

下落合から行く場合は、「高田馬場駅」で東西線の東葉勝田台行きに乗って「八千代緑が丘駅」で下車します。東西線は西船橋駅で‘東葉高速鉄道’に名前が変わりますが、乗り換え無しで1本で行けるのが魅力です。八千代緑が丘駅からは徒歩で15分ほどで到着します。

秋の時期はバラの他にも園内の紅葉なども楽しむことができます。中にはバラの葉も紅葉しているものがありました。私は咲きかけているバラと枯れかかって変色しているバラの雰囲気も好きなので、写真をたくさん撮りました。

生花市場で蕾の状態で出荷されている品種のバラも、園内でいくつか見つけることが出来たのですが、見た目も香りも別物のようで不思議な感じでした。

お昼過ぎから夕方まで秋バラをたっぷりと観察する機会が持てました。帰りは八千代緑が丘駅前にあるイオンモール内のカフェで一息いれてから、高田馬場駅まではどこにも寄らずに戻りました。




















2017年11月20日月曜日

バラ(ヴェラヴィータ)とガーベラ(ブルーアイ)


本日夜のお届けで、埼玉県所沢市方面へ配送しましたお誕生日祝い用の生花アレンジメントです。お誕生日おめでとうございます!女性向けに可愛らしい感じに仕上げました。

鮮やかなピンクと白のグラデーションが綺麗なバラ(ヴェラヴィータ)と、くすんだパープルがモダンなガーベラ(ブルーアイ)をメインにアレンジしました。花器として使用したブリキ缶の雰囲気にも合っています。

アレンジメントに使用したお花は、バラ(ヴェラヴィータ)、スプレーバラ(クリスチャン)、大輪ガーベラ(ブルーアイ)、クジャクアスター(ピンク)、ゲーラックスです。

今朝の仕入れでは、寒さとともに出荷数が増えてきているスイトピーを仕入れました。ピンクとパープル2種類です。栃木県の「カクタ花農場」さんのものです。茎がしっかりしていて花持ちも違います。店内には甘い香りが漂っています。




2017年11月19日日曜日

五反田文化センター(音楽ホール)へ






本日お昼頃品川区西五反田の「五反田文化センター」(音楽ホール)へ、コンサート開催のお祝いとして、ミニ花束のセットをお届けいたしました。‘アンサンブル・コンサート2017’の開催おめでとうございます!

ミニ花束は黄色系とピンク系の2種類で、バラとガーベラ2輪でまとめたものです。全部で20セットご用意しました。使用したお花は、バラ(ホワイトムーン)、ガーベラ(ダカール)/バラ(エースピンク)、ガーベラ(エオス)です。

20束ご用意したのは、コンサートの出演者にお持ち帰りいただくためです。演奏中に一時的に飾っておけるように、まとめて軽くラッピングしてあります。

車での下落合から五反田文化センターへの道のりは、「大崎郵便局前」までお花の仕入れに行くルートと同じです。山手通りを利用するいつものルートです。今日は日曜日なので道路は空いていて、予想以上に早く到着しました。

明日は月曜日で通常通り切花の仕入れがありますが、定番のお花(ユリ、バラ、蘭等)の他に、春のお花(ストック、チューリップ、フリージア等)があれば仕入れる予定です。


2017年11月17日金曜日

展示会場への花材の納品



今週の火曜日に北青山の「PORTAL POINT GALLEREY(ポータルポイントギャラリー)」へ、秋冬のWOOL展の装飾用生花をお届けいたしました。花材のみのお届けです。

お届けした生花は、バラ、ガーベラ、ピンポンマム、アスター、クジャクアスター、カーネーションなど合計440本です。飾り付けは、ご依頼主(女性)の担当です。

事前にお花や会場のイメージをいただいてから、13日(月)にお花を仕入れて、14日(火)の朝に配達しました。

生花7~8本を束ねて55束ほどの花束にするということでしたので、とりあえずバラのトゲや余分な葉を取り除いて8本束にしてから納品しました。作業効率が少しでも上がったら良いのですが..気になるところです。

仕事が繁忙期に入り、展示会期間中に飾られたお花を見に行くことが出来ませんでしたが、機会があれば写真を見せてもらうつもりです。

数年前から専門学校やお花の先生へ、予算とイメージをいただいて花材だけをお届けする仕事が時々入ります。出来るだけイメージに近いお花を新鮮な状態で納品することがポイントでしょうか。



2017年11月16日木曜日

「ユウトヴィレッジ南長崎エリート」さんへ




本日夕方、豊島区南長崎の「ユウトヴィレッジ南長崎エリート」さんへリノベーションオープン祝い用のスタンド花をお届けいたしました。リノベーションオープンおめでとうございます!

お店はトキワ荘通り沿いにあります。「トキワ荘」はマンガの聖地として知られていますね。私もトキワ荘跡地には何度か訪れています。どんどん盛り上がってもらいたいものです。

お届けしたスタンド花は、白と赤の色合いで華やかにまとめました。使用したお花は、赤バラ(レッドテン)、ダリア白(カマクラ)、カトレア白(BC.パストラル)、デルフィニューム白(オーロラホワイト)、ユリ白(カサブランカ)、カーネーション緑(ジグ)、赤柳(レッドウィロー)、ユーカリ(マルバ)、ニューサイラン、モンステラ、青ハラン等です。

赤いバラは輸入バラです。国産のものより花が大きくて見栄えが良いので、スタンド花のような大きなアレンジには向いていますね。白いカトレアはとても香りが良く、お部屋などに飾っておくと甘い香りで満たされます。


今日の日中は仕事が久しぶりに落ち着いていました。高田馬場でのランチがてら、神田川沿いの遊歩道を1時間ほど散歩しました。紅葉した桜の葉が少しだけ残っていました。

2017年11月15日水曜日

マツエクサロン お祝い花




本日午前中、新宿区西新宿方面へお祝い用の生花アレンジメントをお届けいたしました。マツエクサロンの新店舗オープンお祝い用のギフトです。おめでとうございます!

ご依頼主のご希望で、濃いピンク色の花を入れてピンク系の色合いでまとめました。アレンジに使用したお花は、バラ(ベラローザ)、バラ(スージーQ)、スプレーバラ(クリスチャン)、大輪ガーベラ(ポールルーム)、ユリ(ソルボンヌ)、カーネーション(ユカリスクーロ)、アルストロメリア(ピンク)です。アレンジメントはサロン内の雰囲気にピッタリでした。

今朝は世田谷方面の市場へ仕入れに行ったのですが、私が30代の時にお世話になった花屋仲間に偶然出会いました。私よりも大分先輩です。当時地方や都内のイベント装花制作時に、時々呼ばれて手伝っていたのです。

大規模な仕事が多く、泊まりで大阪などに行ってイベント装花を作っていました。懐かしい想い出です。

ずいぶん長い間仕入先で出会わなくなっていたので心配していたのですが、理由が分かって安心しました。電話番号も交換できました。

2017年11月14日火曜日

赤いバラのギフト



赤いバラでまとめた男性向けのお祝い用花束です。大輪の赤バラを主に使用して見栄え良く仕上げました。おめでとうございます!

花束は国産バラと輸入のバラを合わせて束ねました。使用したバラの品種は、ガーネットジェム(スプレータイプ)、ヴァニティルージュ、レッドテン、サムライ、ラナンキュラ、輸入バラ(品種名 不明)。全部で6品種です。

ラッピングペーパーは、Wフィオット/リバーシブルタイプ(レッド・ライトピンク)とローズ柄(ピンク)です。リボンは「TRヨーロピアンゴールド バーガンディ」、「輸入リボン シルバー」、「デイジーレース オパール」です。

ご依頼主の希望は、「いろいろな種類の赤いバラでまとめたお祝い用の花束」ということでした。今回は市場での赤バラ(70㎝サイズ)の出荷量が少なくて、少し焦りましたが何とか良いものが確保できました。

毎年のことですがクリスマスが近くなるに連れて、赤バラの価格がどんどん上がってきます。もう既にその兆候が表れている感じでした。最近では輸入のバラが各色充実しているので品切れになる心配がほとんど無いのは助かります。

これからは鉢植えも含めて、赤いお花の色指定が益々増えてきそうです。