2019年1月21日月曜日

アイアン製ケージを使用したギフト



女の子のお誕生日祝い用ギフトとして、コンパクトなアレンジを2つ制作しました。お誕生日おめでとうございます!アレンジはピンク系のお花をメインにして、可愛らしく仕上げました。

アレンジに使用しているお花は、バラ(ジュミリア)、バラ(オール4ラブ)、ガーベラP(ナッシュビル)、ガーベラ薄P(ウィズアウトユ―)、アルストロメリア(エナジー)、アルストロメリア(レベッカ)、ヒペリカム(キャンディフレア)などです。

花器はアイアン製のバードケージとワイヤーケージを使用しています。小鳥・白クマ・ストロベリーのオーナメントを添えてみたら、もっと可愛くなりました。

アレンジメントを2つに分けたのは、別々の場所に飾ったりすることも出来て、楽しいからです。

今朝は切花の仕入れがあったので、制作・配達等の仕事は午後にまとまりました。雪や雨が降らずに晴天が続いているので、仕入れや配達が順調に進んで助かります。

このまま大雪が降らずに温かくなってもらえると良いのですが..

2019年1月19日土曜日

花束の配達へ


本日午後目黒区~新宿方面へ、お祝い用の花束を5つお届けしてきました。赤やピンク色でまとめた花丈の短い花束です。

花束に使用しているお花は、バラ、大輪ガーベラ、アルストロメリア、オリエンタルユリ、ヒペリカム等です。

最近では土曜日・日曜日に花束の配達が集中しているように感じます。毎週金曜日の仕入れ時には、花束に使いやすいバラやガーベラを予備を含めて多めに確保しています。結局それでもギリギリでしたが。

日中に強めに陽が射していたせいか、鉢植えのスイートアリッサムの水が下がっていました..やはり土は白く乾いていました。スイートアリッサムはいい香りですね。

明日1月20日(日)は2019年の大寒です。天気予報によると明日の日中も温かくなるようなので、本当に寒くなるのはこれからでしょう。

寒いのも嫌なのですが、もっと憂鬱になるのが花粉症です。

2019年1月18日金曜日

「キング プロテア」の切花



南アフリカ共和国の国花としても知られている「キング プロテア(プロテア・キナロイデス)」です。ヤマモガシ科プロテア属の常緑低木で、花序径は最大で30㎝程度になるものもあります。

写真のキング プロテアは、本日市場で仕入れたものですが、実際南アフリカ共和国から来たものです。

キング プロテアは南アフリカの他にも、オーストラリアやハワイ諸島等でも生産されています。数は多くありませんが、年間を通してだいたいは市場に入荷しています。(※外国産切花の輸入業者の休暇の関係で、全く入荷しない時期もあります。)

今回確保しましたキング プロテアはピンクですが、白や赤、ピンクと赤の中間のような色合いのものもあります。大きさも大ぶりなものから小ぶりなものまであるので、キング プロテアだけでも数品種はあると思われます。

市場への入荷数が少なくとても高価なものなので一般的なお花とはいえません。個人的にプロテア属の花が好きだということもありますが、葉織では年間を通して様々な用途で使用しています。

2019年1月16日水曜日

フラワーギフトのリボン



主に花束に使用しているリボンです。何れも40mm幅で、長さは9mほどです。昨日資材やさんで仕入れてきました。(TOKYO RIBBONさんとLUNA RIBBONさんのものです)

一年を通してかなりの数の花束を制作していますので、リボンの使用量もたいへんなものです..毎週のようにリボンを補充しています。色でいうとレッド・ピンク・ゴールドの使用量が多いです。

葉織では40mm幅のものと65mm幅のものをメインに使用しています。リボンのクオリティは高いのですが、このサイズで手頃な価格のものは、日本国内ではそれほど種類が充実していないのが残念ですね。もっといろいろなデザインと材質のものがあると良いのですが..

昨年は台北でリボンを探して周ったのですが、思ったほどの種類はありませんでした。探し方が悪かったのかもしれませんが。(made in Taiwanのリボンは割と多いですね)

以前アメリカ製の洒落たリボンを大量に仕入れていたのですが、ほとんど在庫が無くなってしまいました。仕入れ価格も良いのですが。

今年は海外のネット通販も含めて、いろいろな角度から探ってみようと思います。

2019年1月15日火曜日

ご就任祝い用の胡蝶蘭ギフト



本日午前中、丸の内方面へ胡蝶蘭、秋葉原方面へ花瓶花をお届けいたしました。車での配達です。

胡蝶蘭はご就任祝い用のフラワーギフトです。大輪の5本立ちタイプでとても立派なものです。移動中に寒さにあてないように、お届け直前までビニールカバーを付けています。

花瓶花は定期的に納品しているもので、オフィスの受付用です。シンビジューム(カクテル)と大輪胡蝶蘭(ピンク)を合わせました。いずれも蘭の切花です。

夕方からは、友人との新年会のお店を決めるために新宿界隈をぶらぶらしてきました。結構な距離を歩いたので、良い運動になりました。

2019年1月14日月曜日

シンビジューム「カクテル」


世間は連休最終日..。道路はいつもより空いていて、仕入れや配達には都合の良い一日でした。連休明けはいつも忙しくなるので、明日は定休日なのですが、夕方までは仕事になりそうです。

今朝の市場で仕入れましたシンビジュームの「カクテル」です。シンビジュームの切花は今が最盛期なので、毎回仕入れています。

肉厚の花弁で香りや花持ちが良く、扱いやすいこともあって花束やアレンジメント制作時にはどんどん使用しています。もちろん安いお花ではないので、ご予算に合わせての使用になります。

昨年からメインの仕入れ先を大田から世田谷の市場に移したのですが、最近では競りにも大分慣れて来て、仕事がしやすくなりました。





2019年1月12日土曜日

ミディ系胡蝶蘭 「ココミ」



茨城県水戸市方面のお客様からご依頼をいただき、配送手配しましたミディ系胡蝶蘭(5本立ち)の「ココミ」です。竣工のお祝いとして、客先へご持参するとのことでした。

コンパクトタイプの胡蝶蘭をご希望でしたので、ミディ系のコンパクトな胡蝶蘭をご用意いたしました。あまりスペースをとらず、飾りやすい可愛い胡蝶蘭です。場合によっては、大きなものより花持ちが良いのでおすすめです。

年が明けて胡蝶蘭のご依頼が増えてきましたが、胡蝶蘭は寒さに弱いので、配送や配達時には十分な注意が必要です。

昨夜は久しぶりに仲間がやっている錦糸町のクローバーさんを訪れました。お花に関する情報交換のためです。下落合の葉織からだと、夜なら車で30~40分ほどです。

私も20代の頃は、錦糸町にあったお花屋さんに勤務していましたので、いつもどこかノスタルジーを感じてしまいます。錦糸町もずいぶんと変わりました..

2月下旬位までには、花屋仲間と新年会が開けると良いですね~。




2019年1月10日木曜日

白・グリーンを合わせたお供え生花


白系のお花でまとめたお供え用のアレンジメントです。宮城県仙台市方面へ配送したものです。ご依頼主の希望で、見栄え良くコンパクトに仕上げました。

アレンジに使用したお花は、オリエンタルユリ(ティセント)、トルコギキョウ(ボヤージュG)、ピンポンマム(ホワイト)、ガーベラ(パスタ)、デンファレ(ローラ)等です。

オリエンタルユリ(白)の「ティセント」は丸い蕾が特徴です。花付きがコンパクトで、アレンジに使いやすいです。今回使用したものはまだ咲いていませんが、咲いてきたら香りもわかります。どんな香りでしょうか。

トルコギキョウもグリーン色がかっていて、とても上品で綺麗です。一見バラのようにも見えて素敵です。

明日は土曜日・日曜日分のご注文分の花材を仕入れに、市場へ行く予定です。バラと蘭をメインに仕入れる予定。

2019年1月9日水曜日

輸入花材を合わせた花束


ピンク系のお花でまとめた花束です。3つの花束はほぼ同花材で、同じ雰囲気に仕上げています。

花束に使用しているお花は、バラ(ピンクフロイド)、アンスリューム(ローザグリーン)、アルストロメリア(トルマリン)、オリエンタルユリ(シベリア/テーブルダンス)、モンステラです。

バラはエクアドル産、アンスリュームは台湾産、モンステラ(葉)はマレーシア産です。年末年始は輸入のお花が少なく花材を揃えるのが大変だったのですが、前回の仕入れ辺りから少しずつ増えてきました。

今日は仕入れと定期納品が重なって、早朝から夕方まで動き回っていました..とりあえず今は落ち着きました。

この後に1件のご来店があり、再び夜の仕入れに行く予定です。久しぶりの大田市場になりますが、ご希望に合った胡蝶蘭があると良いのですが。

2019年1月7日月曜日

仕事始め用 受付花



仕事始め用の受付花です。ご依頼主の希望でお正月花風に仕上げています。今朝千代田区六番町方面のオフィスへお届けいたしました。本日より仕事始めのオフィスも多い様子で、数件の受付花のご依頼がありました。

昨年末に確保しておいた「老松」を使用したアレンジメントです。アレンジに使用したお花は、カトレア(ピンクデビュタントミチコ)、シンビジューム(あかね)、オリエンタルユリ(フェニス)、バラ赤(アマダ)、啓翁桜、カーネーション(グリーン)、大輪ガーベラ(ドリームライン)、ハラン、モンステラ、お正月オーナメント等です。

気分的にはようやくお正月から通常モードに戻ってきた頃ですが、仕事としてはまだいくつかのお正月生花の納品を残しています。お正月生花の納品が完全に終了するのは15日頃でしょうか。

クリスマスやお正月等の季節行事が終わった後には、少し物悲しい空気が漂いますが、華やかに盛り上がっている時よりは、行事終了直後の静かな雰囲気の方にずっと魅力を感じます。盛り上がっている雰囲気や騒がしい場所が苦手なだけかもしれませんが。

寒さも関係していると思いますが、1月下旬は割と静かな場所が多いので、好んで散歩に出かけます。明日は午後から定休日なのでどこか自然のある場所へ出かけようか、それとも事務仕事を片付けてしまおうか..悩ましいところです。

2019年1月5日土曜日

バラ「ジュミリア」を合わせた花束




バラ「ジュミリア」を入れて制作したピンク系の花束です。花丈を短くして、コンパクトに仕上げました。

お正月中ということもあって市場にはお花が少なめだったのですが、仕入れを予定していたバラ「ジュミリア」を確保することができました。ジュミリアは大輪でとても綺麗なバラです。色もいいですね。

夏季と違って、今の時期は質の良い大輪バラがいろいろ仕入れられるので、ストレスなく花束をつくることが出来ます。

花束に使用しているお花は、バラ(ジュミリア)、オリエンタルユリ(フェニス)、大輪ガーベラ(ドリームライン)、モンステラです。

今日は外を歩いていてもそれほど寒さは感じず、日中はいい散歩日和でした。本格的な寒さはこれからですが、日が伸びてきたので自然と足は外に向いていきます。

運動不足でなんとなく体が重たい気がするので、新宿方面への配達が完了次第、少し歩く予定です。

2019年1月4日金曜日

サンキライ(さるとりいばら)のリース




新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。本日から市場が始まったので、早速ご注文分の切花を仕入れてきました。

仕入れた切花は、カトレア、シンビジューム、バラ、大輪ガーベラ、カーネーション、カラー、リューココリーネ等です。月曜日までのご注文分の花材を確保してきました。

仕事始めということもあって、仕入れと数ヶ所のお正月花の納品後は比較的落ち着いていました。通常通りに戻るのは1月7日(月)からになりそうです。

今日は昨年末に大量購入して乾かしていたサンキライ(さるとりいばら)の実を、リースにしてみました。

棘に注意して、果実の付いたから蔓状の枝をからめるだけなので、簡単です。あまり丸くしないで、自然な感じに仕上げてみました。販売用ではなく自分用です。

昨年末から元旦にかけて、秩父方面を旅行してきました。昨年は例年になくいろいろなことがありましたが、とりあえず今年は良いスタートが切ることが出来ました。