2017年2月19日日曜日

雲南黄梅(うんなんおうばい)


配達途中で「雲南黄梅」をみかけました。モクセイ科ソケイ属の常緑低木で中国が原産です。2メートルくらいの樹高で、茎は柳のように垂れています。

日本へは明治時代にやってきたようですが、公園などで植栽されているのを度々見かけます。普段は気にとめない植物ですが、この時期は鮮やかな黄色の花が遠くからでも目立ちますので思わず足を止めて見入ってしまいます。

2017年2月18日土曜日

御堂にお供えするアレンジメント



教会堂の御堂にお供えするための白バラの生花アレンジメントです。白バラ10本とグリーンだけでシンプルに作りました。大輪の白バラは「アバランチェ」という品種です。花もちを考えて花茎を短くしてアレンジしてあります。

アバランチェは花持ちが良く花弁の多い大輪の白バラで、ブライダルや様々なお祝いごとでも使用される人気のある品種です。

白バラはお供え用のギフトとしても需要がありますので、大輪で見栄えの良いアバランチェを良く選びます。

2017年2月17日金曜日

中落合のスニーカーズさんへ






新宿区中落合3丁目の美容院「スニーカーズ」さんにお店飾り用のお花をお届けいたしました。今回はカーネーションの「ダンディオレンジ」です。ここ最近はカーネーションのリクエストが続いています。

お店で飼育している金魚と熱帯魚を観ることも、スニーカーズさんを訪れる楽しみの一つです。気温が上がってきたせいか、金魚は活発に動きまわっています。

お花の納品は、冬季は花もちが良いので2週間に1~2回程度でしょうか。2週間前に納品したカーネーションがまだ元気でした。

昨日の夕方には税理士に必要書類とデータを提出して、そのまま中井にあるいつもの居酒屋で新年会も兼ねて、近況を話しあいました。

私も税理士も中井の雰囲気が好きなので、二人で飲むときは新宿や高田馬場の居酒屋には行かずに、いつも中井の同じ居酒屋を利用します。

中井は高田馬場や新宿のような華やかさはありませんが、駅の周辺は寂れているわけでもなく、程よく賑わっていて、落ち着いて飲めるのが良いのです。




2017年2月16日木曜日

バースデーギフト「カラフル」




男性のお誕生日祝い用の花束です。バラを主にダリアやラナンキュラスを合わせてカラフルに仕上げました。お誕生日おめでとうございます!

ラッピングは外側がパルプ素材の「フィオット・グリーン」、内側はワックスペーパーの「パレードブルー」です。リボンは65㎜の「ネイビーブルー」を合わせてみました。個人的に好みの色合わせです。

使用したお花は、バラ(ミントティ)(ラナンキュラ)(オリンパス)(カタリナ)(ホワイトムーン)(スージーキュー)、ダリア(レッドスター)、ラナンキュラス(センターグリーン)です。

今日は夕方から確定申告の準備のために、税理士との打ち合わせがあります。提出する書類やデータの最終チェックをしなければなりません。毎年のことですが、一年の始まりをここから実感します。


2017年2月15日水曜日

ペぺロミア・テトラフィラ





本日午前中、観葉植物の仕入れで、世田谷市場と世田谷方面の園芸店を訪れました。丸い葉が可愛い「ペぺロミア・テトラフィラ」だけを仕入れるつもりでしたが、ついでに別のミニ観葉も仕入れてしまいました。

熱帯~亜熱帯地方が原産のペぺロミアはコショウ科ペぺロミア属の多年草で、園芸品種を含めると1000種以上の品種が存在しています。

数年前に‘テトラフィラ’を仕入れ始めてから、育てやすさと多肉質の丸い葉が気に入って、お店から無くなる度に数鉢づつ仕入れています。

ポット苗から一回り大きめな鉢に植え替えてやると、茎がツル状に伸びてきて、丸い葉が垂れ下がる様が何とも可愛らしいのです。雰囲気の合う鉢が見つかったら、早速植え替えるつもりです。

今日は空が青く比較的暖かかったですし、花粉症がまだ出ていないので、気持のよい仕入れになりました。



2017年2月14日火曜日

胡蝶蘭「クリスタルホワイト」のお届け



昨日は市場での仕入れ帰りに、江東区の新砂方面へオフィス移転祝用の胡蝶蘭をお届けいたしました。

お届けした胡蝶蘭は「常陸洋らん園」さんの‘クリスタルホワイト’です。花が大きくて豪華に見える品種です。寒い冬でも花持ちが良く傷みにくいので、特に冬場は安心感があって度々仕入れます。

お届けしたオフィスビルの駐車場が地下ではなくて屋外にあり、とても広かったのが印象的です。江東区は比較的こういう場所が多いので、東京23区の中では配達は楽です。

今日は定休日でしたが朝から風が冷たくて外を歩きたくなかったので、近所の友人を誘って「ラウンドワン」でボウリングとゲームを楽しみました。私は基本的に定休日を屋内で過ごすことはあまり無いのですが、今日はとても楽しめました。


2017年2月13日月曜日

ご入籍祝いアレンジメント



今朝、京都方面の方からご注文をいただいて、夕方に練馬方面にお届けした入籍お祝い用の生花アレンジメントです。ご入籍おめでとうございます!

お作りしたアレンジメントは、葉織では最近人気があるスクエア型のブリキを使用したアレンジメントです。

バラ、ラナンキュラス、スイトピーなどをメインに明るくまとめました。お花は全て今朝仕入れたものですので蕾の状態ですが、咲いてくると色が広がって更に華やかになります。ラナンキュラスは変わり咲きなので咲いてくると表情が一変します。

オレンジ、クリーム、グリーン、イエローの色合いのお花に、クリーム色のレースのリボンで上品に仕上がりました。

今日はバレンタインデー前のせいかいつもよりご注文が多く、仕事が終わったのは夜の12時..これから夜食です。


2017年2月12日日曜日

プロテア(レッドセンセーション)を使用しました



昨日着で、茨城県水戸市方面へお供え用のアレンジメントを配送いたしました。プロテア(レッドセンセーション)をメインにしたアレンジメントです。お客様のご希望で、インパクトのある‘プロテアの花’を合わせました。

プロテア以外の花はスイトピー、ガーベラ八重咲き、ピンポンマム、ラナンキュラス、スキミア、アオモジ(枝物)を使用しました。白とグリーンでまとめて、落ち着いた雰囲気で仕上げてあります。

プロテア系の輸入の花は市場への入荷数が少ないので、リクエストがあっても仕入できない場合もあるのですが、今回は上手くいきました。

下の写真は南アフリカ共和国の国花ともなっている「キング・プロテア」の花です。咲くと花の直径が30㎝近くにもなります。

私はプロテアや熱帯の花をアレンジに使用するのが好きなので、年間を通して出来るだけ仕入れるようにしています。



2017年2月11日土曜日

ラナンキュラスが可愛い花束


ワンちゃんのお供え用の花束です。ご依頼主の希望により、黄色を主に丈の長い花束にしてあります。お供えする際は、数か所に分けて数か所に分けて飾っても良いと思います。

ユリ(コンカドール)、ラナンキュラス(レモンテマリ)、ラナンキュラス(シャルロット)、大輪ガーベラ(パームビーチ)、トルコギキョウ(エスプリベージュ)を使用してまとめました。

「ラナンキュラス」は春のお花の中でも特に女性に人気があります。たくさんの薄い花弁が咲き始めると、ふんわりと丸い感じの形になって可愛らしい花です。


こちらの花束は今朝早い時間に、車で受け取りに来られました。結婚式のお祝いに贈るためのものです。

黄色とピンクの色合いで、バラ、ガーベラ、ダリア、チューリップなどのお花を使用して、元気な感じのイメ―ジに仕上げました。

丈の短くしてコンパクトにまとめましたが、お花をたくさん使用していますので、しっかりとした重量感を感じます。

ご結婚おめでとうございます!

2017年2月10日金曜日

北青山へ花束を



本日夕方、北青山方面のオフィスに花束をお届けいたしました。ピンク系の花束は女性のお誕生日祝い用で、黄色系の花束は男性の送別用です。

ピンク系の花束は丈の短いブーケ風で、バラ、ガーベラ、スイトピー、トルコギキョウ等のお花を使用しました。黄色系の花束はグリーンを入れて見栄え良くまとめました。使用したお花は、ガーベラ、スイトピー、ラナンキュラス、カーネーション、ルスカス(グリーン)です。

今日は朝の仕入れ時には時々晴れ間ものぞいていましたが、配達帰りの夕方には雪が舞っていました。

2017年2月9日木曜日

祝!リニューアルオープン


 


本日5時頃杉並区高円寺方面方面へ、居酒屋のリニューアルオープンのお祝いとして、お祝いスタンド花をお届けいたしました。リニューアルオープンおめでとうございます!

リニューアルオープンしたお店は「神戸 梵々」さん(営業時間18:00~25:00)です。鉄板焼き居酒屋さんで、お届け時には開店準備で忙しそうでした。

お祝いスタンド花は黄色、グリーン、白で華やかに見栄え良くまとめました。使用したお花は、大輪ガーベラ(黄)、極楽鳥花(黄)、シンビジューム(グリーン)、アオモジ(グリーン)、ストック(白)、バラ(白)、レースフラワー(白)、モンステラ、ルスカス、ハランです。

今日は雪が降っていましたし、高円寺方面は道路が狭いので車での配達に不安があったのですが、近くに駐車スペースを確保することが出来て無事に配達が完了しました..。

今のところ高円寺方面で飲んだことは無いのですが、梵々さんは美味しそうなお店でしたので、機会があれば利用してみたいと思います。

2017年2月7日火曜日

咲き始めた河津桜


今日は千葉駅方面でいくつか用事があり、冷たい風が吹いていましたが出かけることにしました。千葉駅についたのはお昼ごろでしょうか。

とりあえず寒いので、ランチを食べながら一つ目の用事を済ますことにしました。ランチの場所に選んだのは「恵比寿 京鼎樓 JIN DIN ROU」千葉そごう店です。

小籠包専門店で、本格台湾料理をいただくことができます。小籠包は台湾の職人が作っているもののようです。私は台湾で本場の小籠包を食べていますが、ここは本場の味付けでした。

今日は冷たい風が無ければ、もう少し千葉駅周辺の散歩を楽しみたかったのですが、早々に千葉駅を退散して、もう一つの用事を済ませるために海浜幕張方面へ移動することにしました。

京葉線の千葉港駅に向かう途中、「みなと公園」を通り抜けた時にひときわ目立っていたのが‘河津桜’です。周りの樹が落葉していましたので、青い空に映えてとても綺麗でした。

明日は定期の花の納品があるのですが、今回の仕入れで、久しぶりに‘宇都宮産カサブランカ’を確保することができました。年末からずっとオリエンタル系のユリの品薄が続いていて困っていたのですが、久しぶりに秀品を納品することが出来ます。

カサブランカは葉織の定番商品ですから、ユリの入荷数が増えてきたことで、ほっとしています。




2017年2月6日月曜日

胡蝶蘭「ホワイト・ジュエル」




本日午前中、渋谷区千駄ヶ谷方面に移転御祝用の胡蝶蘭をお届けいたしました。事務所のご移転おめでとうございます!お届け先は、明治通り沿いにある新築ビル「アグリスクエア新宿」です。

お届けした大輪胡蝶蘭は「ホワイト・ジュエル」という品種です。42輪付の見栄えの良い胡蝶蘭で、透き通るような白色が綺麗です。白い花に‘赤いラッピング’でお祝いらしく華やかに仕上げました。

お届けした千駄ヶ谷5丁目界隈は他にも建設中のビル等があって、工事現場が目につきました。代々木駅や新宿駅にも近くて交通の便が良いですし、緑あふれる新宿御苑も近いので、高層階のオフィスからの眺めは最高だと思われます。


2017年2月5日日曜日

フランスゴムの木の果実





店内で育てている「フランスゴムの木」(フィッカス・ルビギノーサ)です。オーストラリアが原産で、フランス人の植物学者によって発見されたことから、日本では‘フランスゴムの木’の名が付けられています。

近くで見ないと分かりずらいのですが、艶のある小さい葉は、茶色の細かい毛で覆われています。また、学名の(rubiginosa/ルビギノーサ)は‘鉄サビ色の’という意味です。

原産地のオーストラリアや熱帯地域を訪れると、街中や公園などで10m以上に生長したフランスゴムの木を時々みかけます。鉢植えの観葉植物と違い、葉に生える茶色い毛が遠くからでも良く分かります。

店内のフランスゴムの木は、幹の太さとバランスを見ても分かるように、以前は3倍以上の高さがありました。現在は思い切って切り詰めて、盆栽風に仕立ててあります。

幹を切ってから少し時間が経ってから、葉の付け根辺りに小さな果実が付き始めました。今は1㎝くらいの大きさです。どのくらいの大きさになるのか...楽しみです。


2017年2月3日金曜日

春色のお供え用アレンジ



神奈川県横浜市方面へお供え用の生花アレンジメントを配送いたしました。ご用途はお供え用ですが、ご依頼人の希望で明るめの色合いに仕上げてあります。

使用したお花は、チューリップ、ガーベラ、ミニ胡蝶蘭、ラナンキュラス、スプレーバラ、カーネーション、レモンリーフ、ミスカンサス、アオモジ等です。

黄色をベースに、白い花器、白いレースリボン、白い胡蝶蘭を使用していますので、春らしくやわらかい雰囲気にまとまりました。


2017年2月2日木曜日

ブリキベースのアレンジメント


女性へのお誕生日祝い用に制作した、生花アレンジメントです。本日のお昼頃、品川区二葉方面へ配達いたしました。お誕生日おめでとうございます!

以前から何度か使用しているブリキベースを使用したアレンジメントです。黄・オレンジの色合いでグリーンを多めに合わせて、春らしく華やかにまとめました。

使用したお花は、大輪バラ2種、チューリップ、ラナンキュラス、ミニガーベラ等です。グリーンは一部に造花を使用しています。

テーブルの上などに置いて楽しんでいただけたらと思います。

2017年2月1日水曜日

ペットのお供え花束


ペット(ワンちゃん)のお供え用花束です。ダリア(白)、シンビジューム(グリーン)、カーネーション(グリーン)でシンプルにまとめました。

主にワンちゃん、ネコちゃん等の動物のお供花のご注文は、月に数件ありますが、先日金魚のお供花として、金魚草の花束のご注文が入りました。他には、インコ、カメレオン、カメ等のペットのお供花のご注文も受けたことがあります。

最近のペットは餌の栄養バランスや生活環境など、様々な点が改良されてきて、ずいぶん寿命が延びてきているようです。どんなペットでも長い間共に生活をしていると、情が深まってきますし..。旅立ってしまった時の悲しみも大きいのです。

ペットのお供花の需要が増えるのも当然かもしれません。